日本のエネルギー環境

日本のエネルギー環境は、現在大きな転換期

私たちの生活をとりまく日本のエネルギー環境は、現在大きな転換期にあります。

発電事業の中心であった化石燃料による発電は、原材料の世界的争奪戦が一段と激しくなるばかりか、排出される二酸化炭素により地球温暖化をどんどん進行させる問題を抱えています。また燃料となる化石資源自体やがて枯渇してしまうことが予測されています。

これに変わるエネルギーとして各電力会社が発電量を増加させていった原子力発電も、安全面に注力したものの放射能などの危険性からこれ以上の推進は大変困難な状況です。さらに先の震災によって、これまでの電力供給システムにある脆弱性も浮き彫りになりました。

クリーンエネルギーへの可能性UP

これらの問題を解決するため、わが国はエネルギー環境に対する新たな国家戦略を図る必要性がでてきました。

そこで今後期待されるのが太陽光や風力など、クリーンエネルギーを利用した発電事業なのです。

⇑このページのトップへ移動
コンテンツ

リンク

Copyright (c) 2011 JAPAN CLEAN ENERGY DEVELOPMENT ORGANIZATION,All Rignts Reserved